札幌市北区あいの里の教室でピアノを習ってみませんか。       
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年11月28日 (水) | Edit |
除雪車が出動するほどの雪はまだ降っていませんが
日々、雪の存在を感じる季節となりました。
私の近郊では、危機感に包まれる程の吹雪の日が稀にあります。
そんな時、いつも思い出す曲が、ギロック作曲の「雪の日のソリのベル」です。
ソリのベルを描写した曲として人気ですが、それ以上に、
吹雪の森を抜けていくような、自然の厳しさに立ち向かっていく
強いエネルギーが秘められている感じがして、素晴らしい曲だと思います。
雪の日のソリのベル


雪がしんしんと降る日があります。
湯山昭作曲の「ゆきのふるひのオルゴール」は、
暖房で暖かくした部屋から外を眺めているような、
雪がやんだら、雪だるまを作ろうかなって思うような
ほのぼのした感の雪の降る日のイメージの曲だと思います。
ゆきのふるひのオルゴール


是非、この季節に弾いてみてください!
この2曲は、それぞれ、こちらの楽譜に収録されています。
ギロック こどものためのアルバム
【送料無料】こどものせかい 改訂新版
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。