札幌市北区あいの里の教室でピアノを習ってみませんか。       
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年02月25日 (日) | Edit |
ラベルの「クープランの墓」に出会ったのは、大学1年の時。
他のラベルの作品も、もちろん大好きなのですが
この「クープランの墓」は、別格でお気に入り。
しばらくすると、また弾きたくなって、色々な機会に、何度も弾いています。
楽譜も練習用と保存用、持ち運び用のコピー編集譜。
著作権が開放されて出版された国内版や解説版も。
何か弾こうかなと思った時に、まず浮かぶのがこの曲。
これからも、ずっと弾き続けたいと思います。

楽譜もCDも、入手しやすい時代です。
是非どうぞ→ ラヴェル:ピアノ曲全集 第1集 
スポンサーサイト

2007年02月19日 (月) | Edit |
ラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲第2番。
初めて聞いたのは、私が小学2年生の時でした。
私の習っていたピアノの先生が大抜擢され、演奏する事になったのです。
その演奏会を楽しみにしていたのですが、当日、妹が熱を出し、
母親が一緒に行けなくなりました。
今の時代なら、そこで、残念ねとあっさり中止になるものですが
普段から、ピアノ教室にも、一人でバスに乗って通っていた事もあり、
なんと、小2の私一人で、市民会館へ行く事になったのです。
バスに乗って、終点で降りて、地図を見ながら、市民会館へ。
コンサートの入場チケットを持って、受付を通り、指定席を探す。
今思うと、なんて大胆な事をさせる親と、何も恐れなかった小2の自分。
それだけ、聞いてみたいと、子供ながらに思っていたのだと思います。
コンサートの後半頃、仕事を終えて駆けつけた父親と合流。
その時は、この曲がどんなだったのかは、わからずにいたと思います。
でも、そのプロセスがとても強烈で、
数年後にもう一度、ラジオから流れるこの曲を聞いて以来
今に至るまで、私の中で、とても大切な曲として存在しています。
昨年、大人気だった「のだめ」でも、この曲が登場しましたね。
是非、聞いてみてください。
  

2007年02月16日 (金) | Edit |
私の中で、ピアノ同様に、ライフワークになっている笛。
仙台に拠点のある山口流という門下に所属しています。
山口流の家元からも、笛仲間を募る活動に入ってみたらどうかと
以前からお言葉を頂いていたこともあり、
今春から、笛教室をスタートさせることになりました。
笛は、決して複雑ではない旋律を追求し、音楽を音色で感じる世界です。
是非、皆さんにも体験して頂けたらと思います。
詳細は、 笛教室ご案内 をご覧になってください。
篠笛


2007年02月07日 (水) | Edit |
テレビのCMでも流れたことのあるプーランクの「ワルツ」
決して難しい曲ではないので、生徒にも弾かせたいのですが
まだ、その機会は巡ってきていません。
この曲は、ハ長調なんです。
楽曲の8割は、C(ドミソ)の和音に徹する左手に、
これだけ多彩な音を乗せられるのかと驚愕するステキな曲です。
3ページの楽譜、1350円。高いなあと思った記憶がありますが
今となれば、入手困難かもしれないので、大事な財産です。
プーランク*ワルツ



2007年02月06日 (火) | Edit |
先日紹介したプーランクのピアノ協奏曲だけではなく
もちろんピアノ独奏曲にも夢中になっていた時期があり
弾いてみたい気持ちが爆発して、楽譜を探し、可能な限り取り寄せて
そして、待ちに待った楽譜がたくさん届きました。
その時、信じられない気持ちが私を襲いました。
楽譜を見て、弾いてみて、1時間もしないうちに、気持ちが覚めてしまったのです。
この時、初めて知りました。
聞いて楽しい曲と弾いて楽しい曲は別だということを。
両方適っている曲が、何百年経っても、残っていくのかもしれません。
こんな微妙な私なので、プーランクのピアノ曲から、
演奏会のプログラムにのせたのは、今のところ、1曲だけなのです。
それは、プーランクの小品で「ワルツ」です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。