札幌市北区あいの里の教室でピアノを習ってみませんか。       
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年03月24日 (火) | Edit |
すっかり放置になっているブログですが、
虫の息で生きています。
今年もよろしくお願いいたします。

事前にご案内は頂いていたのですが、
自分自身の事であたふたしていて、そんな中、
まだ期限はたっぷりあるのに、
生徒のグレードの申し込みを、どうしても、この日にしたいと思い、
札幌駅近くのヤマハへ出かけました。
案内板を見て、その日、展示会開催中、それも同じ建物内(^^)v
DSC_0517.jpg


私が入学した年に、赴任され、
こんな素晴らしい先生に、いくら副科と言え、
あまりにも悲惨な私の歌に、申し訳ないと、いつも思っていました。
ご病気されているとの話は聞こえていて、
絵を描かれているとの話も聞こえていて、
退職記念の展示。
その思い、パンフに書かれていて、
家にいる積極的な理由を見つけた瞬間
この言葉には、鳥肌がたつような想いで、何度も、このくだりを読みました。
DSC_0537.jpg

先生の描く作品からは、ヨーロッパの匂い。
展示されていた色々な作品から、元気をもらい、
感謝いたします。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

2014年07月20日 (日) | Edit |
東京、南青山にある「岡本太郎記念館」へ。
アトリエに、ピアノが展示されていました。
鍵盤は、象牙。
どんな色の音が響くのか、、、
とても気になりました。
IMG_20140706_114645.jpg

お庭には、色々な作品が!
IMG_20140706_120949.jpg


2012年08月06日 (月) | Edit |
私の生活活動圏にイオンが無いので、
時々見かけたことはありましたが、
最近、この紙袋を立て続けにもらい、気になりました。
イオンの紙袋

弾いてみると、バッハ???
調べてみたら、ゴールドベルク変奏曲の第18変奏とのこと、
少しデザイン化しているようですが、
こういう音符柄は、あり得ない創作ものが多い中、
正規のもので良かったと思います。


イオンの紙袋


2012年07月27日 (金) | Edit |
ベーゼンドルファー社から、
クリムト生誕150年記念モデルのピアノが限定発売とのこと。
詳細は、こちら。
とてもとても、美しいです。
若い頃、クリムトの作品が好きでした(*^▽^*)
グランドピアノ、中々、家では蓋を開けて練習したりはしないのですが、
自分だけの宝物が、ピアノの中にあるような、
そんな感覚ですね。
お値段も、

2012年07月08日 (日) | Edit |
小学校の教科書、以前から気になっていたのですが、
今回、ちょっと縁がありまして、入手してみました。
フルカラーで、とっても綺麗でした(*^▽^*)
文部省唱歌は知っている曲ばかりですが、
それ以外は、結構知らない曲も多く掲載されていました。
ピアノの生徒達から、ルパン三世を練習している話を時々聞いていたのですが、
どうしてなのか、判りました
教科書に掲載されていたのですね。
興味の有無は別として、文部省唱歌、是非、子供たちに歌って欲しいですね。
大人になった時、何かしようと思って取り掛かり易いのは、
子供の時に経験した事の中からだと思います。

2012年04月26日 (木) | Edit |
鉛筆を使いますか(*^▽^*)
日常は、ボールペンを使うことが多いのですが、
楽譜を書いたり、その他色々、私は、割と、鉛筆を使います。
指先の力を安定させる効果もあると思い、
聴音や音楽ノートでの勉強の時は、鉛筆を使うことを勧めています。
そして、鉛筆削り、、、
発表会の記念品の中にも、よく登場する、ピアノ型の簡易鉛筆削り(*^▽^*)
 

子供の頃、それも小1の頃、私は、カッターで鉛筆を、自分で削っていました
もちろん上手く削れるはずもなく、ボロボロ状態の仕上がりでしたが、、、
古い電動の鉛筆削り、それを今も使っているのですが、
何となく、子供の頃を思い出して、
丁度一年前から、カッターで削っています。
使った分だけ薄く削り、尖らせます。
ビックリです 何がって、鉛筆が減らないのです。
電動は便利ですが、必要以上に削っていたのですね。
この調子でいくと、今、未使用の鉛筆を20本は持っています。
全部、使い切るのに、何十年かかるでしょう。
大げさに聞こえるかもしれませんが、本当です。
是非、カッターで削ってみてくださいね。

2011年10月26日 (水) | Edit |
ヤマハの雑誌で「音遊人」が定期的に届きます。
その中で紹介されていた記事!
恩師の黒河先生の記事
今年になって、色々出版予定があると聞いていて、
この本の存在も小耳にはさんではいたのですが、、、
あなたがピアノを続けるべき11の理由

どうしてピアノをやめてしまうの・・・
こういう問いの逆、どうして続けているの、、、
微妙な話題ですね。
人は生まれた時から、何か、必ず食べますよね。
体が動いて生きていくために。
私にとっては、それと同じかな。
生きていくのに、何かに寄り添いたくて、
それがピアノだったのかな。。。
あと、辞める理由が無いというのも、事実(^_^;)
著名な方達のエピソード、是非、読んでみようと思います。

 【送料無料】あなたがピアノを続けるべき11の理由

黒河先生は、こちらの著書でも有名です↓


2011年06月27日 (月) | Edit |
実家に、ヤマハのグランドピアノ(G5)があります。
私が中2の時から、私を育ててくれたピアノです。
以前は、実家でもレッスンをしていたのですが、
現在は稼働率も低くなり、2階に置いてあること、昨今の地震を思うと、
両親達が、2階にピアノがあるのは恐ろしいと言い始めました。
もう何年も前から、その話は出ていたのですが、、、
と言って、あいの里のピアノ教室に、
もう一台グランドピアノを置くのは厳しいです。
このピアノ、状態は、経過年なりです。
かなり弾きました。
中古ピアノとして、楽器店にお願いすれば、それなりの動きにはなると思いますが、
どこかに寄贈したいなあという思いがあります。
何処其処に、あのピアノがある、会いに行ける所にある、
そう出来たらいいなあと、私の勝手かもしれません。
このブログを見ている方(あまりいないと思いますが)
もし、学校、病院など、ピアノを必要としている所がありましたら、
お知らせください。お願い致します。
被災地へピアノをとどける会という所もありました。

2010年11月07日 (日) | Edit |
電車通りに面した老舗楽器店と言えば、
あっ!と思い出す方も多いと思います。
数年前に、お店は終了してしまい、
その後、演奏の出来るフリースペースのような時期がありましたが、
現在は、喫茶店になっていました。

輸入ピアノを多く扱っていた楽器店だったので、
いつも試弾&練習させてもらい、色々な情報を頂き、
そして、今私が弾いているピアノは、
ここから嫁入りしてきたものです。
ここが、楽器店だった頃、ミニコンサートをさせて頂いたことや、
その頃の自分のことも、色んな事を思い出しながら、
ここで、ランチを食べてきました。
高層ビルの狭間に残る古の建物、
これからも、ここにずっと佇んでいて欲しいと願います。
旧・楽器店

2010年10月24日 (日) | Edit |
レコード、テープ、CD、、、
色々な音源から情報入手するのに、以前は、苦労しましたが
最近では、 You Tubeで検索すれば、
かなりの確立で、見つかります。
便利な時代ですね。
You Tubeには、歴史的な貴重な映像・音源も見つかりますが、
あれっと思うような、中途半端なものもありますので、
しっかり見極めて活用されることをお勧め致します。
最近見つけた映像↓
北海道を代表する先生の歌声です。
でも、きっとご本人さまは、
YouTubeにアップされていること、知らないのでは、、
そういうのも微妙ですね(^_^;)


2010年09月25日 (土) | Edit |
中学校の一大イベントになっている学内合唱コンクール。
カリキュラム上、芸術系科目が後回し傾向の時代に、
合唱コンが、これだけ注目される存在というのは、
やっぱり、音楽が皆の気持ちの拠り所になっているのでは!
ピアノ教室の男子2名、それぞれの中学校で、
ピアノ伴奏で奮闘中。
中学生になってもピアノを継続して、伴奏を引き受けたりと、そういう様子、
しみじみ良かったなあと思います。
日頃は、運動系部活の男子が、ピアノ伴奏するって、かっこいいですよね。
頑張ってください!

2010年08月16日 (月) | Edit |
日本クラシック音楽コンクールの楽器部門の伴奏で参加してきました。
中高生の参加者は少なかったですが、
大学生の金管楽器部門は、にぎわっていました。
このコンクール、ピアノ、声楽、弦楽器、木管楽器、金管楽器と、
多くの部門があり、どんな雰囲気のコンクールなのかなと
以前から興味があったので、今日、少し見ることが出来て良かったです。
今日の演奏をバネに、次回の本選!頑張りましょう。
そして、思いがけない再会もあり、今日は、いい一日になりました(^O^)

2010年07月07日 (水) | Edit |
昨年、コンサートで頂いた花束に、ミニパイナップルが入っていました。
葉っぱの部分だけ挿し木をして、こんな風に育ってきています。
ミニパイナップル

コンサートで感じた感動や皆さんとの縁も、一緒に育っているように見えます。
色々な方との気持ちのキャッチボールを、
音楽に乗せて、音に託して、そんな気持ちで、いつも演奏しています。
でも、その気持ち、伝わらなかったようで、
自分的には、とても残念としか言いようがありません。

2009年11月23日 (月) | Edit |
11月14日に、札幌北陵高校合唱部の定期演奏会が、
札幌サンプラザホールで開催されました。
インフルエンザで、一時は中止になりましたが、無事、延期開催が実現しました。
多くのお客さんにお越しいただき、皆の気持ちが、コンサートホールに鳴り響きました。
延期が熟成という良い効果となり、いい時間を皆で作れたのではと思っています。
私も数曲ですが、ピアノ伴奏で参加させて頂き、その仲間であった事に感謝です。

サンプラザホール
公演が終了して、誰もいなくなった会場。
コンサートの余韻が感じられるこの瞬間に、また次も何かしたいなあと思うのです。

2008年05月31日 (土) | Edit |
もう15年位前の話ですが。
サンプラザホールに、外国製のグランドピアノが導入されました。
入荷してから10日後には本番で使用するとのこと、その日に向けて
ピアノの弾きこみをします。新品のピアノは、上等ですが、まだ固いのです。
ホールの使用が無い時間を使って、とにかく弾いて弾いて、
ピアノを暖めて調子を上げていく作業を数名でしました。
私も、上等ピアノを、ホールで自由に弾けるとあって、参加させて頂きました。
早速行ってみると、実は、急にホールでのリハーサルが入ってしまいました。
でも、少しでも弾いて欲しいので、ピアノ倉庫の中でお願いします・・・

そして、防火倉庫の中に案内され、お昼頃に様子を見に来ます
ガシャーンと扉が閉まりました。もしかして、これって、中から開かないのかも
ここでもし火事になったら、私は取り残されてしまうのか、
閉所に閉じ込められている恐怖を初めて体験して
1時間もピアノを弾いていたら、気分が悪くなりました。
そんな時、ピアノの調律の方がいらして、扉が開きました。
サンプラザホールと言うと、いつもこの時の事を思い出します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。